音 緒 じぶんの ねいろを 文字にする

音 緒

音緒について

音緒(New Editors Office)は、企画編集工房です。
コミュニケーションをひとつのテーマに、このサイトから情報発信をしています。
」にも「」にも見えるロゴは、物事はどんな見方もできることを表しています。
また ’ (アポストロフィ)は、英語の「所有格」、音楽上では「ブレス(息つぎ)」を意味します。



音緒の仕事

小冊子をつくりたい、本をつくりたい、ウェブサイトをつくりたい。
漠然としたイメージはあるけれど、
具体的にどうしたらいいか困っている。

アイデアの断片や原稿の断片はありますか?
どんな小さな種でもかまいません。
もしそれがあるならば、そのイメージは形になります。
そこに必要となる作業が、言語化です。

言語化のコンセプト

言語化のコンセプトHIAS

言葉は、その時の気持ちや心heart
思いついたことや考えていることidea
具体的な行動actionに結びつける働きがあります。
これを結びつけるための存在として
編集という仕事serviceが必要となります。

音緒(NEO)では、
・テーマの選定
・素材の整理
・目的(ゴール)の明確化
・全体の構成、雰囲気
などの骨格をつくり、そのイメージを共有したのちに
具体的に形にする作業を行います。
そのために、ていねいにお話を聞くことから始めます。
 
☆素材は、研究会の記録でも、趣味の俳句でも、エッセイでも、
学術的なもの、広報的なもの、私的なものでも手法は同じです。

☆すでに素材がある場合は、編集やリライト、素材がない場合は、
企画・調査・取材・執筆などのお手伝いからご相談にのります。


当サイトについての感想を募集しています。 すべてご記入くださった方には、小冊子(PDF)を進呈いたします。

Q1. 面白かった読み物は何ですか?

Q2. 興味のあるモノやコトはありますか?

Q3. いつも読んでいる新聞・雑誌などがあれば教えてください。

Q4. ご年齢 80代以上70代60代50代40代30代20代10代

Q5. ご職業 

Q6. 文字にしたいあなたのものがたりは何ですか?

Q7. お名前 

Q8.メールアドレス(小冊子「あなたの本のつくり方」を差し上げます) 

音緒へのご連絡・ご質問

ここまで〜音緒の仕事

伸枝(のぶえ)

  • 編集者 ライター。 編集企画「音緒」主宰。
    津田塾大学卒。関西人。
  •  
  • 実家の塾で算数と英語を教えたのち、大阪で化学工業系の専門誌の取材記者として、
    英文版を中心に、工業ガスメーカーの技術広報誌を担当。
    転勤を機に、東京で書籍編集者に転身、約18年経験を積む。
  •  
  • はじめてつくった窪田輝蔵氏の「科学を計る」、2冊めの安保徹教授の「未来免疫学」で、
    編集者は、本づくりを自由にディレクションできること、
    険悪になるまでやり合っても、本という成果さえできれば、笑って著者と
    お酒が飲めることを知る。しつこく文章を直すので、中には音を上げる著者も。
  •  
  • 編集を、人や物の魅力を引き出し、それをわかりやすく人に伝えることと定義している。
    心とからだの健康に興味があり、現代の病気の多くを自己とのコミュニケーションの
    問題としてとらえている。

担当した主な書籍…<こちら
★サイエンス・医学・看護関連

  • *「科学を計る」(窪田輝蔵)、「したい放題」(小林繁)、*「ジャンさんの『英語の頭』をつくる本」(ジャン・プレゲンズ)
  • 「ネイル・プロフェッショナル」(I-Nail-A編)、「遊学一体」(仁木厚)、「公衆衛生看護学.jp」(荒賀直子、後閑容子編)
  • 「夢 うつつ まぼろし」(北浜邦夫監修、高田公理編)、「Dr.吉川 Dr.島田のぼちぼち健康術」(吉川純一、島田健永)、その他国試対策問題集など

★心とからだ

  • *「未来免疫学」(安保徹)、「へんてこな贈り物」(ハロウェル、レイティー著/司馬理英子訳)、
  • *「乙女心と拒食症」(鈴木眞理)、「Iモードの乙女たち」(さいとうますこ)、*「乙女セラピー」(横田直美)

*は、著者の処女作。

ここまで〜主宰者プロフィール

コメントは受け付けていません。