音 緒 じぶんの ねいろを 文字にする

音 緒
10年ぶりの銀座一丁目「天津飯店」

珍しく夜京橋方面に用ができたので、銀座まで歩いて戻った。
急激な空腹。軽く食べていかなければ。

なんとなく歩いているうちに、銀座一丁目の駅近くまで来ると、懐かしい看板が目に入った。
北京小皿料理の店、天津飯店。

content/uploads/tenshinhanten.jpg”>tenshinhanten

ひとりで中華が食べたいときは、こんな屋台風小皿料理に限る。
たしかここは水餃子がおいしかったはずと思い、カウンターに座ってさっそく注文。
数えてみると、ずいぶんここへは来なかった気がする。10年ぶりだろうか。

紹興酒をロックで頼み、別に豚ミノの細切り冷菜というのを注文。
キュウリと和えたのがすぐに出てくる。けっこう大盛り。

おおもりといえば、この並びに、ニュー・キャッスルというレトロなカレー屋さんがあって、
気に入っていたのに、去年閉めてしまった。
メニューが山手線の駅名になっていて、「大森≒大盛り」とか「蒲田」とかいったのを覚えている。
水餃子に意外に時間がかかっているので、何かもう一品とメニューを探す。
たしか、チャーハンにあまりいい記憶がなかったので、焼きそばでも、と思ったが、
食べきれないと思って、ここは大根もちにする。

水餃子、登場。380円で七つもある。これがなんとも素朴でおいしい。
紹興酒と餃子を楽しんでいるうちに、大根もちもあがってくる。
こちらも久しぶりに食べる。松の実が入って、こんがり焼いてある。

ひとりにはちょうどいい感じ。
満足して店を出ると、閉めたはずのニュー・キャッスルがまだ残っている模様。
もしや、ファンに惜しまれ再開してくれた?

次回このあたりに来たらチェックしなければ。

facebookをご利用の方は以下からコメントできます

comments

Powered by Facebook Comments

2013年11月24日 | Filed under 好きな味、好きな店.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ライター
重松 昭春 KANAKANA
山中 大 銀 あんず
伸枝 横田 直美
日笠 久美    

ねおのぶログ

眠れぬ夜に、この曲を