音 緒 じぶんの ねいろを 文字にする

音 緒
農業人の頭の中――豊岡エキシビション2012より

7月25日、秋葉原のUDXで、兵庫県豊岡市のイベント「豊岡エキシビション2012」が開催された。豊岡といえば、長年の苦労の甲斐あって
コウノトリの養殖に成功し、2005年に放鳥して以来、共生農業に力を入れ、「コウノトリも住める村」として知られる。城崎、竹野、日高、
出石、但東町と合併し、現在の姿になった。

中貝宗治市長の語る「小さな世界都市」として、円山川下流域水田が、ラムサール条約に登録されたことも最近のニュースである。
減農薬、無農薬の「コウノトリ育む農法」によって、田んぼに暮らす生き物は、かつての一千倍、一万倍へと爆発的に増えたという。
田んぼは小学生、中学生の環境学習の場である。コウノトリのお米も、週に2度、給食で出される。昨年、東日本大震災で被災した
宮城県の南三陸町の小学校へも、このお米を届けるため、子供たちは大奮闘した。

その「コウノトリ育む農法」に従事するグループ・豊岡エコファーマーズから、畷 悦喜、田中 定、根岸謙次の三氏が登壇し、
自分たちの農業を語った言葉が実におもしろい。

はじめ、コウノトリを自然に返すことを目標に、コウノトリだけを見ていたが、変わってきたのは田んぼの土であり、田んぼの中の生き物だった。
この農法に取り組む理由として、
「家族に食べさせたい米をつくる。できれば農薬や化学肥料を使わずに。自分たちで勉強して、身の丈に合ったやり方をみつける」(畷)、
「毎年ちがった発見がある。今年成功しても次の年はまたちがう。田んぼは微妙なバランスの中で成り立っている。楽しい。」(田中)、
「『田んぼの中に宇宙がある』という言葉を、なんて詩的で芸術的、と思っていたが、今は当たり前だと思える。微生物が生きられるように水を
湛えて、有機物を入れてわずか10年でこれだけ生き物や土が変わる。自分の中に物差しもできてきた。おもしろくてやめられない」(根岸)
と、三人とも言葉に熱がこもる。

根岸さんの言葉に、はっとさせられる。
「田んぼに近づくと、ザザザザ、ピチピチ、とか、いろんな音がする。小魚やオタマジャクシが逃げていく音です。除草するときに機械を回して
いると、夏アカネというトンボに囲まれる。トンボに好かれるたちなのかな、と思ったら、機械を回したところに湧き立つ雲霞に寄ってきている
とわかった。

環境は循環してつながっている。土の中の微生物は目に見えないけれど、空のトンボとつながっている。地球上の目に見えない微生物の相対質量と、
昆虫からクジラまで目に見える生き物の相対質量は、イコールだということです。だから、目に見える世界と同じだけのポテンシャルをもった世界
がもうひとつある。これがわかれば、世の中の可能性や幅が広がります」

実際、田んぼの表面を平らにする「代かき」の作業中に、舞い降りたコウノトリは、6メートルの距離でも逃げない。どれほどの量と種類の生き物が
その田んぼにいるかの証明だ。

畷さんは言う。
「田んぼのよしあしは、田んぼの生き物に決めてもらう。お米のよしあしは、消費者に決めてもらう。全体の取り組みのよしあしは、
大空を舞っているコウノトリに決めてもらう。今後の評価は、今日ここに集まった皆さんに決めてもらう」

「自然を相手の仕事だから、いろんなことに感謝できる」と、あとでビール片手に語った田中さんは、「農業がかっこいいと思われるのを
待つのではなく、自分たちがかっこいい農業をすればいい」と、妙にかっこいいことを言う。

自然のリズムに人間のリズムを同調させることは簡単ではないが、それによって世界が広がり、可能性が広がることを、土をさわりながらからだに
叩き込んだ人種が農業人だ。当日流れた藤原次郎氏の手になる「城崎スケッチ」という20分ほどの映像も鮮やかに美しい。自分たちの町と田んぼが
宝物になる幸せは、偶然ではない、地道な作業の賜物なのだと思わせられる。

  次のページ »

facebookをご利用の方は以下からコメントできます

comments

Powered by Facebook Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です